このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ワイン好きが夜な夜な集まるビストロ「BISTRO bom bà」

ワイン好きが夜な夜な集まるビストロ「BISTRO bom bà」

NEWS

Read More

ボン バ・バ・バ

響き渡るその笑い声の正体はワインの神様バッカス。

「酒と陶酔と解放の神」と呼ばれるローマ神話におけるワインの神だ。

F.リディ作の戯曲「バッコ・イン・トスカーナ」でトスカーナワインを飲んで陽気になったワインの神様が放った笑い声だとされる。

そんなバッカスのように愉快な気分になれるビストロが沖縄の北谷にある。

私が初めて訪れた時は沖縄に引っ越してすぐ。

ビストロ難民だった私は美味しいワインと料理に心が解き放たれたのだった。

「Bom ba ba ba」というトスカーナのナチュラルワインのエチケットに惹かれてインポーターへ直談判し、ついには店名につけてしまったという北谷にある「BISTRO bom bà」

北谷でワインが飲みたいんだけどどこがおすすめ?と聞かれたら、即座にここをあげると思う。

ナチュラルワインをメインに置いているビストロという時点で嬉しさ大爆発なのだが、テラス席は文句なしの絶景。北谷の海を一望しながら頂くワインと心躍る料理。

夕焼けが綺麗に見られる日に当たったら間違いなく沖縄の虜になるだろう。

「自分はナチュラルワインバカですね。」そういうと爽快に笑う店主、石田直也さん。

店内に一歩入ると、所狭しとワインボトルがそこらじゅうに置いてあり、奥のガラス張りのセラーにはみっちり並んだナチュラルワインセレクション。

どれもこれもユニークなエチケットが面白い所もナチュラルワインの醍醐味だ。

全てのワインのセレクトも石田さんが行っているという。

釣り、キャンプ、自転車と多趣味な石田さん。

ナチュラルワイン、音楽、オシャレ、そんなキーワードでもっと大人が遊べるカルチャースポット的なお店をやりたかったそう。

石田さんは福岡から移住してきてもう18年経つ。

最初からお店をやるなら北谷がいいと決めていた。

北谷はロケーションが魅力的で、近くの宮城海岸の水平線はまるで海外だ。

ここアメリカンビレッジ内にある店舗は6年前、ビル自体が建ってすぐに内見しにきた際に、たまたま夕日が一番良い時間帯に来てしまい即決したという。

「うわぁ、ここはすごい遊べるなぁ、夢があるなぁ。」と直感が働いたんだとか。

福岡ではクラシックなフランス料理屋さんで修行を重ね、飲食業界にずっと身を置いていたそう。

そんな輝かしいバックグラウンドがあるにもかかわらず石田さん本人は「別に自分はシェフでもないし、ソムリエでもないし」とどこ吹く風。

「基本的には自由にみんなに飲んで食べてほしいんです。ナチュラルワインは飲みたいものを飲んで、美味しいものを食べれば自ずと合うと思う。」

そういうと、そんなもんです。と言わんばかりの笑顔で答えてくれた。

それも「ナチュラルワイン自体もカウンターカルチャーの要素が十分あるんで。」と言い放つ石田さんだからこそのアチチュードなのだろう。

大事にしてることは「ニュートラル」な感覚だという。

「お店で働く上でマニュアルもないし、あまりこだわらずにスタッフその人その人の個性を活かしてほしいと思っている」と石田さん。

正直そんなにフランス料理をやっているとも思ってないんです。

「土台にナチュラルワインと炭火があればいい。」

そこがブレなければ。

石田さんは「今」の感覚を大事に動いているのだという。

そんなしなやかな潔さはなかなか気軽にハンドリングできるものでもない。

きっと好きなことを突き詰めると、現代社会がはまる落とし穴「どう生活するか」よりも、「どう生きるか」を無意識に体現しているからなんだろうと思う。

私が初めて来た時に恍惚とインパクトを受けた逸品が「サワラのい草焼き」だった。

皮がパリパリで、い草に燻された独特のスモーキーさが肉厚のサワラにまとわりつく。

ねっとりとした焼き加減。

とろけるようなサワラの良質で上品な脂が、自家製ピクルスのベッドに滴り、酸味とポリポリ食感とで、これまた目の覚める絶妙なバランス。

それをワインのマイルドな酸味で流し込む幸せと言ったらない。

この「い草」実は沖縄のビーグという植物で、琉球畳みに使われている植物だという。

沖縄東海岸の照間という地域にい草を育てている農家さんの繋がりで、それを間引いたものを石田さんはもらって巧みに料理に使用しているのだ。

「遠いよりは近い人と仕事がしたい」という石田さん。

特に県産にこだわってはいないというものの、自分に近い人たちからなるべく食材はお願いしたいという思いで、旬のものを使いワインに合うお料理を提供しているという。

「ピュアで個性的なものが好きなんです。着る物や食べるものはなるべく自分が良いと思うものを使いたい。」

「出どころが何者かがわかっているものを使いたいんです。」

感度の高い石田さんの人となりがわかる一言だった。

「これからもナチュラルワインに触れて、もっと興味を持ってくれるきっかけになるような場所になれば良いな。」そういうと石田さんは微笑んだ。

今日の北谷はたまに出る日差しが心地よい。

そんな日は海を眺めながらロゼで少し早めに始めようじゃないか。

Photo by Makoto Nakasone

Text by Michiko Nozaki

店舗情報

住所 〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜 9-21 デポアイランド シーサイドビル5F

営業時間 17:00-23:00

定休日 日曜日

Instagram @bistro_bom_ba

Related Article

CREATIVE JOURNEY

CREATIVE JOURNEY

CULTURE

VOL.4 VOICE BY CHAMPLU CREATIVE MEDIA

-旅の可能性が広がるホテル

私たちにとって旅ってなんだろう。
旅は自分自身をもっと知るきっかけをくれる。
そんなきっかけは心を豊かにしてくれるのだ。

自身への思いやりがホテルのおもてなしと重なりその土地の魅力へと繋がる。
はじめましてなのに、はじめましてじゃない。
それはずっとここに建っていたような安心感。
Southwest Grand Hotelはそんな魅力がシティにいながら感じられるホテル&レストラン。
一つ上の寛ぎに心を委ねて。
ローカルに溶け込みながら少しだけ非日常を体験する。

旅上手なゲストを迎えてそれぞれの「旅」についてお話を聞いていくシリーズ。
第四回目のVoiceはCHAMPLU CREATIVE MEDIAがお届け。

CREATIVE JOURNEY

CREATIVE JOURNEY

CULTURE

VOL.3 VOICE BY TAMAO&DAVID
ライフコーチ/マーケティング プランナー

-旅の可能性が広がるホテル

私たちにとって旅ってなんだろう。
旅は自分自身をもっと知るきっかけをくれる。
そんなきっかけは心を豊かにしてくれるのだ。

自身への思いやりがホテルのおもてなしと重なりその土地の魅力へと繋がる。
はじめましてなのに、はじめましてじゃない。
それはずっとここに建っていたような安心感。
Southwest Grand Hotelはそんな魅力がシティにいながら感じられるホテル&レストラン。
一つ上の寛ぎに心を委ねて。
ローカルに溶け込みながら少しだけ非日常を体験する。

旅上手なゲストを迎えてそれぞれの「旅」についてお話を聞いていくシリーズ。
第三回目のVoiceはパワーカップルTAMAOさんとDAVIDさんのお二人。

CREATIVE JOURNEY

CREATIVE JOURNEY

FOOD

VOL.2 VOICE BY DAISUKE NAKAMURA
ピッツァ職人/オーナー

-旅の可能性が広がるホテル

私たちにとって旅ってなんだろう。
旅は自分自身をもっと知るきっかけをくれる。
そんなきっかけは心を豊かにしてくれるのだ。

自身への思いやりがホテルのおもてなしと重なりその土地の魅力へと繋がる。
はじめましてなのに、はじめましてじゃない。
それはずっとここに建っていたような安心感。
Southwest Grand Hotelはそんな魅力がシティにいながら感じられるホテル&レストラン。
一つ上の寛ぎに心を委ねて。
ローカルに溶け込みながら少しだけ非日常を体験する。

旅上手なゲストを迎えてそれぞれの「旅」についてお話を聞いていくシリーズ。
第二回目のVoiceはBACARオーナー兼ピッツァ職人のDAISUKE NAKAMURAさん。

Translate »