このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

栄町市場を象徴する、餃子の旨い店「べんり屋 玉玲瓏」(那覇市)

栄町市場を象徴する、餃子の旨い店「べんり屋 玉玲瓏」

FOOD

Read More

1955年に設立された栄町市場は、少し薄暗いアーケードの中にお惣菜の店、肉屋、魚屋、洋服店などがひしめき、戦後の雰囲気を残すローカルな市場。夜になれば赤提灯にあかりが灯り、そこかしこで個性的な飲み屋がのれんをあげる。
そんなディープな雰囲気を漂わせる栄町市場を象徴するお店のひとつが「べんり屋 玉玲瓏」。窓から覗ける厨房では“大将”の玉寄浩三さんが腕を振るい、ガラス戸越しに奥さまの朱 暁玲さんがなめらかな動きで餃子を包む。カウンターには4席、そのほか調理台などをテーブルにした座席は栄町市場の「通路」なので、この場所の雰囲気を体感するにはもってこいのお店なのだ。


いろいろな惣菜が揃う“べんり”なお店を父から継いだ大将が、17年ほど前に奥さんと小籠包などのテイクアウトのお店として再スタート。北京出身の暁玲さんと一緒に「日本人の口に合うように」と餃子のレシピを開発。暁玲さんおすすめはもちっとした皮の食感と、なかからたっぷりの肉汁が溢れる「水餃子」(600円)。焼き餃子はもちろん、中国ではスタンダードだという蒸し餃子も。タレもラー油も自家製だ。出来立てを食べたいというお客さんの要望に応えるうち、通路で食べられる現在の営業スタイルに。


餃子だけでなく、「ザーサイ」「鶏皮ポン酢」「くらげの酢の物」などお酒のアテにもぴったりな小皿も豊富。なかでもおすすめしたいのが毎週金、土だけ限定メニュー「ゲンコツチューチュー」(300〜500円 ※現在は隔週で提供)。お子さんが幼い頃、「チューチュー食べたい」と言っていたことが名前の由来というこちらの一品、8時間ほどかけてじっくり煮込んだ豚の大腿骨の骨髄をストローでチューチュー吸っていただく。ツウは骨髄を吸ったあと泡盛を流し込んで飲んでみたり。
来店多数の場合は、徒歩数秒で、大将が沖縄の陶芸家ポール・ロリマーさんに特注したというスピーカーが自慢の別館も。「通路」で栄町市場の雰囲気と熱気の中でハフハフ食べるもよし、栄町に来たなら、まずはべんり屋からスタートしてみては?

べんり屋 玉玲瓏
住所 沖縄県那覇市安里(栄町市場内)
電話 098-887-7754
営業時間 17:00〜23:00
休 日曜日

Related Article

Translate »